不動産取得税は、不動産を取得したときに課される税金です。

不動産取得税は、売買、贈与で不動産を取得したとき、また新築、増築したときに都道府県が課税する地方税です。
土地や家屋の取得の時期によって、税率が適用されます。
ただし、例外として相続による取得などは非課税です。
納期は各都道府県により異なります。
新築の場合の価格は、固定資産税課の職員の調査により決まります。
住宅用の車庫、物置等も含み、正確な価格は事前に判断することはできません。
現況の床面積で判断しますので、登記床面積と異なる場合があります。
マンション等は共用部分の床面積を専有部分の床面積割合によりあん分した床面積も含みます。
評価額がない場合、法務局は登録免許税の算定の方法に認定価格というものを適用しています。
不動産取得税は、買取再販業者が中古住宅を買い取り、住宅機能の一定の向上を図るための改修工事を行った後、住宅を再販売する場合には、買取再販業者に課される不動産取得税を軽減する処置が設けられています。